川崎中学生野球団川崎ロッキーズ

球団指導方針
[指導理念]
文武両道を提唱し、心身の発育期における中学生時代の育成に当
たっては、過保護はダメ、放任はもっとダメ、愛情が大切、夢を
叶えるため応援が必要!月曜日から金曜日は勉強をしっかりやる
習慣、休日は、家族ぐるみで地域社会活動に参加、野球を通して
我が子と一緒にスキンシップ少年期はここが最も重要。家庭と学
校以外の場で多くの友達をつくるクラブチーム、幼児やお年寄り
をいたわり仲間を大切にする精神を育む。
“勇気とは何事にも正直であり素直な心を持ち続けることです”

[活動目的]
プロ野球選手を夢見る野球児の育成、スポーツの振興、地域社会
におけるの少年健全育成の活性化を図る。

[指導指針]
※家庭教育・社会活動の一環として基本的な社会人基礎力の育成
※子供たちの逞しい身体つくりと、仲間を大切にする精神を養う
※基本を中心とした、技術指導と考える力を養う
※明るく楽しく自主性を尊重し、個性を生かした指導
※文武両道を提唱し、野球も勉強も両立が原則とする

[チーム勝利への心構え]
T、規律を守り和を心がけ 互いに切磋琢磨しよう。
U、執念と気迫を持って取り組め 攻撃は最大の防御である。
V、絶えづ変化に対応し 最後の詰めまで気を緩めるな。
W、順境におごらず逆境に挫けず 現状より一歩でも前進努力しよう。
X、人に求めず自分を変え 敬う気持ちを大切にしよう。

  
全員全力.自分に厳しく.集中力!


プロを目指すなら!
“1%の素質に 99%の努力を怠るな”

  

戻る
戻る