中学生軟式野球クラブチーム 球団概要

川崎中学生野球団川崎ロッキーズ
球団名称 川崎中学生野球団川崎ロッキーズ
輝く未来を目指す野球児育成会
球団本部 川崎市多摩区生田
ホームグラウンド 川崎市多摩区菅少年野球場  多摩川河川敷グラウンド
球団代表 塩野晃久
球団設立 1992年
応募基準 好きであれば それが素質です!
スローガン 全員全力・自分に厳しく・集中力
座右の銘 教学相長ず。志を抱き誠実に生きよ
指導理念 基本に忠実・礼儀正しく・社会で必要とされる人物になれ!
球団選手枠 学年15名  計45名
育成会家族会 15歳までは、過保護はダメ・放任はもっとダメ 
     家族の愛情スキンシップが大切
年間行事 新年会・新人歓迎会・春季合宿・夏季合宿
     家族交流会・卒団式・納会
加盟上部団体 財団法人全国軟式野球連盟
関東中学生軟式野球クラブチームリーグ
神奈川県中学生軟式野球クラブチームリーグ

球団設立趣旨

1992年川崎在住の中学生を対象とした軟式野球チーム設立。
将来高校野球で甲子園をめざし、プロ野球選手を夢見て中学時代でなけれ 
ばできない体力・精神・基本技術を磨き、その大きな夢の実現・高い目標の  
達成に向かってスタートしました。
心身の発育期における中学生時代の果敢な少年たちのスポーツ振興,潜在
能力の啓発・人間形成を野球という スポーツを通して地域に根差した育成
活動を行ってまいりました。

【指導方針】
中学生が未来を見据えた{社会人基礎力}即ち人と人との協調性、
様々な人との共生、社会生活を営む上での必要な基礎的能力、   
主体性、実行力、想像力、柔軟性、仲間を大切にする精神、人の役
に立ち社会で必要とされる人間になれ!中学生を子供に持つ親家族
と共に社会的育成活動に取り組んで行く。
“勇気とは何事にも正直であり素直な心を持ち続けることです”

【球団指針】
川崎中学生野球団における指導の下「チームワークの中で支えあう
と共に一人一人の役割分担が出来るようになる」
プロ野球の選手を何人育てるか?も大切ですが、社会に出ていかに
役立てるか?自分を活かすことが出来るか?そして輝けるか?を、
球団の指導理念として、皆様の信頼の元で活動してまいります。


戻る
戻る